2012年05月06日

巨人4カード連続勝ち越し!

◆阪神1─2巨人(6日・甲子園) 
沢村が粘りの投球で8回途中無失点で2勝目。打線も2回に3安打で2点を奪い、メッセンジャーを攻略。巨人は4カード連続で勝ち越し、9連戦を6勝1分2敗で乗り切り、借金を2にした。沢村は1回から5回まで先頭打者を許す苦しい投球。それでも、2併殺打や要所で三振を奪い、あと1本を許さなかった。8回2/3を8安打9奪三振4四死球と、文字通り苦しい内容だったが、気迫の投球で最後まで本塁を踏ませなかった。9回に守護神・西村が鳥谷の儀飛で1点を失ったが、そのまま逃げ切った。打線も2回、唯一のチャンスをものにした。無死二塁から高橋由のボテボテのゴロを、送球を焦ったメッセンジャーが一塁へ悪送球。相手のミスにつけ込み先制点を奪う。2死三塁から、実松が中前適時打で貴重な2点目をたたき出した。

posted by 由美 at 20:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

路線バスと乗用車衝突、乗客ら10人負傷…千葉

千葉県警などに入った連絡によると、3日午前5時50分頃、千葉市稲毛区長沼原町の路上で、路線バスと普通乗用車が衝突する事故が起きた。バスの乗客ら10人が傷し病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないとみられる。
posted by 由美 at 08:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

宮国、プロ初完封&プロ初打点!

◆巨人5―0広島(1日・東京ドーム) 宮国がプロ初完封で衝撃の本拠地デビューを飾った。9回を104球3安打7奪三振1死球。広島打線に三塁すら踏ませない圧巻の投球で2勝目を挙げた。打っても3回に中前適時打でプロ初打点を挙げ、東京ドームを宮国一色に染め上げた。チームも引き分けを挟み4連勝。5月反抗へ、最高の幕開けとなった。まさに独壇場だった。宮国は力のある直球と、緩急をつけた変化球で相手打線を手玉にとる。得点圏に走者を置いた1回と7回も、20歳らしからぬ堂々としたマウンドさばきで後続を断った。打っても3回にプロ初打点となる適時打を放ち、投打に大車輪の活躍を見せた。打線も若武者を強力に援護した。3回に打者10人で4点を奪う猛攻。口火を切ったのは、腰の張りを訴え欠場した阿部に替わり、移籍後公式戦初の4番に座った村田だ。左翼線へ先制の適時二塁打。高橋由、ボウカーにも適時打が飛び出した。7回には亀井がダメ押しとなる適時二塁打で5点目を奪った。
posted by 由美 at 22:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

浦安のマンションで殺人 胸に刺し傷

千葉県浦安市のマンションで30日午前、死亡しているのが見つかった女性は宮城県在住の20代の女性とみられることが分かった。30日午前8時5分ごろ、千葉県浦安市北栄のマンションに住む男性会社員(23)から「自室で知人の女性が死んでいる」と119番通報があった。駆けつけた救急隊員が胸から血を流している女性の遺体を確認。胸に刃物によるとみられる刺し傷があったことから千葉県警浦安署は、殺人事件として捜査している。
同署は、女性が男性の元交際相手で宮城県在住の20代女性とみて確認を急いでいる。同署によると、女性は、ベッドの上で普段着のまま掛け布団の中にいた。同マンションの入り口はオートロック。男性が帰宅したとき部屋は施錠されており、荒らされたり争ったりしたような跡はなかったという。
女性は、連休を利用して29日から遊びに来ていた。男性は、女性のために郵便受けに鍵を置いて29日午後3時過ぎに出かけ、友人ら7人と都内の飲食店などで一晩中過ごしたという。30日朝に帰宅してベッドの女性を起こそうとした際、死んでいるのが分かった。
posted by 由美 at 20:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

陸山会事件、小沢氏に無罪判決 Check 携帯に送る ヘルプ

資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁(大善文男裁判長)は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。
政界の実力者に無罪判決が出たことで、今後の政局に影響が出るのは必至だ。検察官役の指定弁護士は控訴するかどうか検討する。小沢元代表は、東京地検特捜部による捜査の結果、嫌疑不十分で不起訴となったが、東京第5検察審査会が2度にわたり「起訴すべきだ」と議決したため、昨年1月に強制起訴された。同年10月に始まった公判では無罪を主張していた。起訴状では、小沢元代表は、陸山会が2004年10月に東京都世田谷区に秘書寮用地を購入した際、同会に貸した現金4億円を04年分の政治資金収支報告書に記載せず、土地代金の支出を翌05年分の収支報告書にずらして記載することについて、当時の秘書の報告を受け、了承したとされた。
陸山会事件では、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人が同法違反で起訴され、昨年9月、同地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けて控訴している。
09年5月施行の改正検察審査会法で強制起訴制度が導入されて以降、強制起訴事件での無罪判決は今回で2件目。
posted by 由美 at 10:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

沢村1安打完封で今季1勝!

◆DeNA0―6巨人(13日・横浜) 原巨人が、中畑DeNAとの初対決を制し、引き分けを挟み4連勝。先発の沢村が、3度目の登板で初勝利。今季チーム初の完封を飾った。
沢村は、9回1安打10奪三振と完璧な投球を見せた。5回には、振り逃げ打者を含むプロ野球タイ記録となる1イニング4三振を記録するなどDeNA打線を翻弄した。
打線は4回、小笠原のフェンス直撃打で先制すると、寺内の右犠飛、坂本の左線適時二塁打で、この回3点。6回には坂本、阿部が1号ソロを叩き込み加点すると、8回にも阿部が2打席連続となるダメ押しの2号ソロを放った。巨人打線は3本塁打を含む13安打で6得点と完全に復活した。
posted by 由美 at 22:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

巨人、継投裏目も土壇場で追いつき引き分け!

◆巨人6─6中日=9回規定により引き分け=(10日・東京ドーム) 巨人が3時間49分の熱戦の末、土壇場の9回に同点に追いつく粘りを見せた。9回、先頭の坂本、谷が連続安打で出塁、続く長野の打球が井端のエラーを誘い、同点に追いついた。なおも2死一、二塁と一打サヨナラの場面で村田が右前打を放ったが、平田の好返球で本塁タッチアウト。試合終了となった。打線は前日のナイター練習の効果もあり、1回に打者一巡の猛攻で4点。その後も2回と9回に1点ずつ加点。8安と復調をアピールした。先発のホールトンは持ち前の粘りの投球を見せられず、5回0/3を5安打5失点。またも移籍後初勝利はならなかった。6回には、原監督の継投が裏目に。無死満塁から登板した2番手の小野が3失点(自責1)。さらに3番手の高木康も1失点(自責0)とリリーフ陣が踏ん張れなかった。
posted by 由美 at 00:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

宮国、10代初登板初勝利!

◆阪神1―5巨人(8日・甲子園) 2年目・宮国が7回1失点で、公式戦初登板初先発をプロ初勝利で飾った。チームの連敗を5で止める快投を見せた。巨人の10代での初登板初勝利は、83年4月16日の阪神戦(甲子園)で完封勝利した槙原寛己氏(48)=野球評論家=以来29年ぶり。不調だった打線も13安打を放ち5点を奪った。
19歳右腕がマウンドで躍動した。序盤から緩急をつけた投球で阪神打線を手玉にとる。疲れの見え始めた7回に1失点を許したが、97球を投げ3安打3奪三振3四球1失点、敵地・甲子園で堂々たるピッチングを披露した。
球団ワーストタイの3戦連続完封負け、31イニング連続無得点と記録的貧打にあえいでいた打線も、ついに目を覚ました。1回2死一、二塁、村田がバットを折りながらも左前に落ちる適時打。不名誉な記録に終止符を打つと、もう止まらない。2回に谷と長野の連続適時打で2点を追加。4回にも谷に2本目の適時打が飛び出すと、5回には寺内が押し出しの四球を選んだ。この試合で出た13安打すべてが単打と、つなぎの野球で阪神投手陣を粉砕した。
この日「7番・一塁」で先発出場した亀井が、5回に小嶋から顔面付近に死球を受け、鼻から大量の出血。タンカで退場するアクシデントがあった。
posted by 由美 at 23:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

鈴木が3位で初メダル 村上5位、浅田は6位 世界フィギュア

フィギュアスケートの世界選手権最終日は31日、フランスのニースで行われ、女子ショートプログラム(SP)で5位だった27歳の鈴木明子(邦和スポーツランド)がフリーで2位となり、合計180・68点の3位で初のメダルを獲得した。SP2位の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)はジャンプにミスが出て175・41点の5位に後退。SP4位から2年ぶりの優勝を目指した浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるなどミスを連発し、164・52点で6位に終わった。カロリナ・コストナー(イタリア)が189・94点で初優勝。昨年優勝の安藤美姫(トヨタ自動車)は今季休養している。
posted by 由美 at 21:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉内、巨人で初先発初勝利!

◆巨人4─2ヤクルト(1日・東京ドーム) 巨人は杉内の好投、打線の奮起で今季3試合目で初勝利を飾った。背番号18を背負った杉内が粘りの投球で6回1/3を2失点。ソフトバンクから移籍後、初登板で白星を奪った。9回は新守護神・西村が初登板、3人できっちり抑えた。打線は0─1の2回、1死一塁で高橋由が右前打を放つと、ヤクルトの右翼手・バレンティンが後逸。それを見て一塁から阿部が一挙に生還し追い付いた。4回には、先頭打者の阿部が今季初安打を右前に運ぶと、続く村田も右前打。1死一、二塁で小笠原が右越打を放ち、阿部が生還、追加点をあげた。5回にも阿部の右前適時打で加点。3─2と1点差に迫られた8回、代打・亀井の右前適時打でリードを再び2点に広げた。
posted by 由美 at 19:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。