2011年07月23日

千葉市の焼却灰にセシウム

千葉市が、北清掃工場(花見川区)と新港清掃工場(美浜区)の2か所で焼却灰の放射性物資を調査した結果、1キロあたり最大1万2000ベクレル超(速報値)の放射性セシウムが検出されたことが22日、わかった。国が埋め立てせずに保管するよう指示している同8000ベクレルを超す値で、市は週明けにも判明する詳細な検査結果を待って、焼却灰の処理方法を検討する。県内では、柏市や松戸市など東葛地域の清掃工場で同1万ベクレルを超す高濃度のセシウムが検出されているが、県中央部での検出が明らかになったのは初めて。

記事元:讀賣新聞


posted by 由美 at 08:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。